仕事が遊びで遊びが仕事 masato"max"matsuura

ラジオへのリクエスト募集!!

プレイヤー

プロフィール

氏名            松浦  勝人(まつうら まさと)
出身地         神奈川県横浜市
最終学歴      日本大学経済学部卒業
生年月日       1964年10月01日

 


詳細 >>

松浦勝人・・・

松浦勝人という人間。。。。
ちょっと前に確か似たようなことをどっかでで書いたかもしれないけど・・・・
正直、なんでこんなものなんて書いているのかわからない。
自分は40歳までに人にはできない経験をさんざんやらかしてきた。
それを伝えたくて書いているような気もするが、
それってただの自慢話じゃないかな・・・と自問自答したりする。

詳細 >>

インターネットラジオ




エイベックスの松浦と
東京プリンの伊藤洋介が
ほろ酔い気分で気ままに放送!

放送スレスレのインターネットラジオ版
「仕事が遊びで遊びが仕事」
不定期更新です。

第125回目

「max松浦 釣りは集中力の巻」

3月17日収録


集中するという意味では、カメラと同じ。

時間を忘れて没頭してしまう。

皆さんは最近、何か集中してますか。

とことん何かにはまってみるのもいいですよ(笑)



詳細はこちら

詳細 >>

アンケート

フレンドのみに公開されています。フレンド申請はこちら

BLOGカテゴリ

最新エントリ
最新コメント
カテゴリ一覧

サイト内キーワード検索

コミュニティ一覧

masato max matsuura(569)
更新日 : 09/26 22:32
>>このコミュニティへ

masato max matsuura used store




フレンド限定です。

【第3弾】 
ジョン・ガリアーノ ポロシャツ
 [ 2008年春夏コレクションから ]
(販売終了)

詳細はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第2弾】 
Yves saint Laurent
(イヴ・サン=ローラン)Tシャツ
 [ 2008年秋冬コレクションから ]
(販売終了)

詳細はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【第1弾】 
ジョン・ガリアーノ Tシャツ
 [ 2008年秋冬コレクションから ]
(販売終了)

詳細はこちら

詳細 >>

インフォメーション

ボイストレーニング、ダンススクールのエイベックス・アーティスト・アカデミー




ブログはこちら
http://yakobody.syncl.jp/

おすすめ商品

はありません

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

jasrac


JASRAC許諾番号:6718114093Y31018 JASRAC仮承認番号PVM00006106-015

詳細 >>

カレンダー

synclTV


2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 182

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 186

2018-02-19 13:41:52Warning: opendir(/nas/service_main/syncl/contents/max/img/syncltv/2680/) [function.opendir]: failed to open dir: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 188

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 182

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 186

2018-02-19 13:41:52Warning: opendir(/nas/service_main/syncl/contents/max/img/syncltv/2286/) [function.opendir]: failed to open dir: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 188

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 182

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 186

2018-02-19 13:41:52Warning: opendir(/nas/service_main/syncl/contents/max/img/syncltv/1997/) [function.opendir]: failed to open dir: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 188

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 182

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 186

2018-02-19 13:41:52Warning: opendir(/nas/service_main/syncl/contents/max/img/syncltv/1989/) [function.opendir]: failed to open dir: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 188

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 182

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 186

2018-02-19 13:41:52Warning: opendir(/nas/service_main/syncl/contents/max/img/syncltv/1988/) [function.opendir]: failed to open dir: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 188

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 182

2018-02-19 13:41:52Warning: mkdir() [function.mkdir]: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 186

2018-02-19 13:41:52Warning: opendir(/nas/service_main/syncl/contents/max/img/syncltv/1985/) [function.opendir]: failed to open dir: Τ褦ʥեǥ쥯ȥϤޤ in /nas/service_main/syncl/svn/php/dao/syncltv.dao.class.php on line 188

ラジオ「仕事が遊びで遊びが仕事」第125回

ラジオ「仕事が遊びで遊びが仕事」第124回

ラジオ「仕事が遊びで遊びが仕事」第123回

ラジオ「仕事が遊びで遊びが仕事」第122回

ラジオ「仕事が遊びで遊びが仕事」第121回

ラジオ「仕事が遊びで遊びが仕事」第120回

14件中   6 - 10 件表示 ( 全 3ページ )
  1  2  3   

月刊EXILE 9月号


MAX松浦連載 Vol.10

仕事が遊びで遊びが仕事


 MAX松浦こと松浦勝人エイベックス・グループ・ホールディングス社長、絶好調連載。

今回のテーマは「カメラ」について。

話を聞くと、結局MAX松浦の “DNA”に結びついていった。

でも、カメラも半端ない話が展開します。



Masato Matsuura

’64年10月1日、神奈川県横浜市生まれ。日本大学在学中に貸しレコード店「友&愛」にアルバイトとして入り、翌年港南台店長になる。’87年エイベックス・ディー・ディー(現エイベックス・グループ・ホールディングス)を東京都町田市に設立し、レコード輸入卸販売を始める。’90年自社レーベル「avex trax」を設立し、翌年「JULIANA’S TOKYO」にテクノ音を提供、ブームを仕掛ける。’93年TRFがデビュー。その後、Every Little Thingをプロデュースし、浜崎あゆみ、
倖田来未、EXILEほか数々のアーティストを手掛ける。
現在、エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長。
http://max.syncl.jp

   
Photographykatsumi kosakai portrait

どんなものでもオリジナルを求めるそれも僕の「こだわり」 

モノに「ハマル」ととにかく調べ倒す

すべてに共通する第一歩


先月号では“バイク”を通してこだわりについて話したけれど、

今回はぼくが「カメラ」に熱中、のめりこんだ話をしてみようと思う。

ぼくは何かにハマりはじめると、とにかくこだわって、極めないと気がすまない。

カメラの場合は、ハード面の充実が最優先されるから、

ウェブなどでボディ、レンズなどをとにかく調べまくる。

どんなジャンルでも興味がわくと調べるのは同じ。

ファッション、クルマ、バイク、ダンスミュージックetc… 。

何にしてもとにかくのめりこんで調べて、

知識を蓄積させますね。相当詳しくなりますよ。

そもそもなんでカメラなのっ?てところですが、

バイクとかと違って子供の頃から興味があったわけではないんです。

僕の子供が5年前に生まれたので、

その姿を撮ろうと思ったというのがきっかけで

一眼レフカメラを買ったんです。

そこがスタートです。まずはレンズ。

明るいレンズ、広角レンズ、望遠レンズと、何から何まで。

ここらへんはもう収集に近いですね。メーカーはキヤノンが中心で、

デジタル機種のほぼすべてのレンズとボディは持っています。

もちろん新しいものがでたら買うでしょうね。

キヤノンの一眼レフEOSシリーズは初期モデルからほぼ全部持っています。

普段はカバンの中にEOS5D Mark2が入っていて、

気が向いた時に撮れるようにしています。

なぜ? キヤノンになったのかというと

親父が使っている姿を子供の頃からみていて

親しみがあったというのが大きいでしょうね。


写真を撮ることがテーマではなく

それをアレンジするのが楽しみ


子供を撮るためにカメラにハマりましたけど、

その後は、ライヴの撮影などをすることが多いですね。

ただ、ぼくがステージのそばにいって撮影すると、

さすがにアーティストも気が散るだろうし、

ライヴを観に来ているお客様のことも考える。

だから、600ミリのレンズを使って後ろの方から撮影しています。

あと、ぼくが興味あるのはライヴやF1のレースなどの動きがある風景。

ライヴの照明ってメチャクチャすごいから、

どんな一枚が撮れるのかやってみないとわからない。

デジタルはフィルム交換を考えないでいいし、

連写の機能も優れているから、

被写体の動きが激しくてもベストショットが撮れますよね。

しかし、ぼくはカッコイイ一枚が撮れてもそれで終わりにはしない。

大切なのはその後画像編集ソフトを使って、

色を変えたりするデジタル編集の作業が楽しいんです。

今のカメラという存在はぼくにとっては大切なおもちゃであり、

そこに至る道具ですね。

この作業は、音楽でいうとリミックスみたいな感じ。

ぼくの場合、最終段階で音を入れ替えたりして自分の好きな音にする。

写真もそれが楽しい。

バイクにしても、いじって自分のこだわりの仕様にするし、

写真にしても同じ。

そう考えると、仕事も遊びもやっぱり、

こだわりの筋は一本あるんですよ。

 


2009-11-11 15:41:32投稿者 : maxmatsuura
この記事のURL nice!  あしあと

月刊EXILE 8月号

 
MAX松浦連載 Vol.9

仕事が遊びで遊びが仕事

 MAX松浦こと松浦勝人エイベックス・グループ・ホールディングス社長、絶好調連載。

今回のテーマは「こだわり」について。

仕事も遊びも実はMAX松浦にとって“根”は同じ。

「バイク」というこだわりを通して語ってもらった。
 

Masato Matsuura
’64年10月1日、神奈川県横浜市生まれ。日本大学在学中に貸しレコード店「友&愛」にアルバイトとして入り、翌年港南台店長になる。’87年エイベックス・ディー・ディー(現エイベックス・グループ・ホールディングス)を東京都町田市に設立し、レコード輸入卸販売を始める。’90年自社レーベル「avex trax」を設立し、翌年「JULIANA’S TOKYO」にテクノ音源を提供、ブームを仕掛ける。’93年TRFがデビュー。その後、Every Little Thingをプロデュースし、浜崎あゆみ、倖田来未、EXILEほか数々のアーティストを手掛ける。現在、エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長。
http://max.syncl.jp

 

Photographykatsumi kosakai(portrait)
 

遊びも仕事も「徹底的!」それがぼくのDNA 
 

16歳になると同時に50ccの免許取得
そして、中型免許とバイク購入
 
こだわりについて話すなら、

結局自分のDNA的なものに結びつく。

今回は「バイク」のこだわりを話すのが分かりやすいんじゃないかと思う。

バイクを意識するのは男の子なら誰でも通る道かもしれない。

高校に入学してから半年経った10月1日のぼくの誕生日(16歳)に、

ゲンチャリ(原付自動車)免許取得のために免許センターへ。

今はゲンチャリの免許なんて即日発行されるけれど、

当時、免許の即日発行というのはなくて、

少し遅れた10月7日に免許が交付されたんです。

それで、ゲンチャリに乗って走ってたら、

そのぼくの横を中学時代の友達がKAWASAKI Z400FXに乗って現われて一言

「なに、ゲンチャリ乗ってるの」。

ぼくは、「だよなぁ~」って(苦笑)。

やっぱり単車だと思い、そのとき中型免許取得を決意。

当時はバイトもしてお金があったので、

親に内緒で教習所に通い免許を取ってバイクを買っちゃったんですね。

親父には、ばれて相当怒られたけど、

それから本格的なバイク人生が始まったわけです。


 他人と同じものは嫌い
徹底的にやる! 
 
最初に買ったバイクは20数万円のKAWASAKI Z250FTの中古。

ぼくの場合は、バイクに限らないけど他人と同じものは嫌い。

とにかくすべて“いじる”ことが好きなんです。

法的にギリギリの範囲内でハンドルは絞り

マフラーはヨシムラの集合管に変更して、

“いじりまくる”んですね。

学校の一時間目をさぼって家でタンクにヤスリをかけて、

グレーのサーフフェイサーを塗り、

スプレーで蛍光の緑とか赤とか、

その時思ったイメージで塗り替えるんです。

毎日のようにタンクの色を塗り替えて、

とにかく違うバイクに仕上げてましたね。

当時、憧れていて欲しかったバイクというのはもう終売したCB400F。

人気の車種で先輩から後輩へ譲られながら手に入る流れなんだけど、

なかなか入手できない。

もちろん、高いお金を払えば買えたんだろうけれど、

当時はお金もなかったので手に入らなかった。

ぼくはその当時、清く正しくケンカをしない、

普通とは違う暴走族をしていましたが、

それも高校1年の10月から高校2年の夏まで。

夏以降は受験勉強に興味が移ってしまったので

バイクに乗るのは通学のときぐらい。

高校2年の夏以降は

ゴリラという50ccのバイクを

80ccにチューンナップして乗ってましたね(笑)。

その後、大学に入ってからは、

クルマに気持ちが移っていくようになりました。

クルマも徹底的にこだわって、

一時期は凄いコレクションを持っていましたよ。

今は、全部手放して、ごくごく普通のクルマに乗ってますけど。

と言っても、他の人がぼくのクルマを見ると

「これを普通っていうんですか。」って言われますけど(笑)。

クルマの話もたっぷりあるので、

また機会があれば話しますね。

ちなみに、ぼくが今持っているバイクは

高校の時に買えなかったCB400Fを3台。

なぜCB400Fなのかというと、今はお金もそれなりにできて、

あの頃欲しかったものを手に入れられるようになった。

このバイクは性能がいいわけでもなく、速いわけでもない、

ただ、多感な高校生の頃に憧れて、乗りたくて、

どうしても手に入れたかった。

例えるなら、高校生の頃に好きなった「人」みたいなものですね。

どうしてもこだわってしまう。

そう考えるとその対象がなんであれ、

他人と同じものは絶対に嫌い、

興味を持ったら徹底的にやる。

それは仕事も同じで、最初ダンスミュージックを好きになって、

徹底的にこだわりとおしたら、それが今につながっていた。

その「徹底的にやる」というのが、

ぼくのこだわりで、DNAなんだと思います。
 
 

2009-11-10 04:35:00投稿者 : maxmatsuura
この記事のURL nice!  あしあと

月刊EXILE 創刊一周年記念party


月刊EXILE 創刊一周年記念party



昨日、月刊EXILEの創刊一周年記念partyがあった。


僕も『仕事が遊びで遊びが仕事』を連載しているので


ラジオ収録終わりで急いで駆けつけた。



到着するなりメンバーが集まって来てくれて


恒例の一気が始まる(汗)





いつも思うけど、本当に体育会系な会社だ。。。



・・ここで我らが“キャプテン”のBirthdayも合わせてお祝い!






祝い事も重なり酒も進む。


次第にみんなの勢いも益して行く。






















そんな楽しい雰囲気の中でも


やっぱりHIROとは仕事の話になってしまう(笑)





HIRO。ベロベロのはずなのに。。。



HIROを始めEXILEのメンバーやLDHのみんなと会うと


改めて“絶てぇ負けねぇ”って気持ちになる。


そんなPOWERをもらったpartyだった。


2009-08-07 17:00:11投稿者 : maxmatsuura
この記事のURL nice!  あしあと

月刊EXILE撮影風景


月刊EXILE撮影風景



毎月、月刊EXILEの取材と撮影がある。


毎回テーマを用意してくれるんだけど


『今回は松浦さんの好きなものでいきましょう!』と言われたものの


音楽は写らないし、、どうしようか悩んだんですが


車は持ってくるのもホネだし。。と思いバイクにしてみました。





この『CB400F』というバイクは今から30年前くらいに生産されたもので


"ヨンフォア”の愛称で世の中には認知されている。


『おぉ400。お前は風だ。』のカタログキャッチコピーが


印象的で懐かしい人もいるんじゃないかな?


あえて“単車”と表現させてもらいますが


僕はこの単車が好きで純正色3色を買ってしまったほど。


家にある3台は全てイジリ方が違う。


今回は比較的、僕の少年期に近づけて作った一台を持って来た。


操作性や安定性、スピード、トルク、などなど。


機能性においては現代の単車のほうが優れているのかもしれないけど


僕には独特な面白みと現代のバイクには出せない排気音がたまらない。



・・・んで撮影はこんな感じに。








単車を乗るには最高な季節なんで(もう暑いかな?)


時間があれば遠出したいものです。



当時のキャッチコピーのように。。




2009-06-29 22:40:10投稿者 : maxmatsuura
この記事のURL nice!  あしあと

月刊EXILE 7月号



MAX松浦連載 Vol.8

仕事が遊びで遊びが仕事


MAX松浦こと松浦勝人エイベックス・グループ・ホールディングス社長、絶好調連載。

エヌ・ティ・ティ・ドコモと合弁会社として設立したエイベックス通信放送。

サービス名称「BeeTV」。これまでにないシステムで新しいメディアの出現と話題になっている。

今回はそのケータイ放送局の真の狙いをいろいろ聞いてきました。



Masato Matsuura
’64年10月1日、神奈川県横浜市生まれ。日本大学在学中に貸しレコード店「友&愛」にアルバイトとして入り、翌年港南台店長になる。’87年エイベックス・ディー・ディー(現エイベックス・グループ・ホールディングス)を東京都町田市に設立し、レコード輸入卸販売を始める。’90年自社レーベル「avex trax」を設立し、翌年「JULIANA’S TOKYO」にテクノ音源を提供、ブームを仕掛ける。’93年TRFがデビュー。その後、Every Little Thingをプロデュースし、浜崎あゆみ、倖田来未、EXILEほか数々のアーティストを手掛ける。現在、エイベックス・グループ・ホールディングス代表取締役社長。http://max.syncl.jp



Photography katumi kasai<portrait>


既存のビジネスシステムの壁が厚いなら

新しい価値観でビジネスを創造する!




得意分野ならではのビジネスの成功モデル

 
今回、「BeeTV」へのチャレンジは、

エイベックスらしさの象徴的な側面もあるんです。

そもそも、映像事業に入ろうとした理由は「音楽」という柱があって、

もう一つ会社としての柱がほしい。

僕たちのビジネスを考えたとき「映像」というジャンルは極めて自然な流れだったんです。

4年前、僕らで映像業界に参入する一番いい方法は何かと考えたところ、

僕たちが得意とする「CDの流通」という発想から入り、

映像だったら、DVDパッケージの販売だと思ったので、

そこからスタートしたんですね。

いわゆる映画でいうロードショーをDVDでやってしまおうという

アイデアで『東京フレンズ』という三巻セットのDVDボックスを製作・発売したんです。

キャストも大塚 愛、瑛太、小林麻央を起用し、

映画館で上映するのに引けをとらないキャスティングで製作し、

DVDはそこそこ売れました。

そうすると映画会社からもこの作品を映画館で流したいという話がきたので、

『東京フレンズThe Movie』を送り出し、これもヒットしたんです。

そして、スタッフ、出演者に対して収益が上がれば、

ギャランティーを分配するというCD制作と同じような

音楽的発想の収益分配モデルをDVD作品でもやってみて、

このやり方はありだという結論に落ち着いたんです。

これが「BeeTV」へとつながっていくんです。



大失敗をそのままでは終わらせない


日本の映像業界に新規参入するというのは非常に難しく、

映画館を持っているような映画配給会社しかもうからないという構造になっていたんです。

しかし、映像業界の仕組みについて何もわからないウチの会社は音楽に継ぐ柱を作ろうと思って、

一気に映画製作まで参加しちゃったんですね。

そして、『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』『椿三十郎』に多額の出資をして大失敗しました。

それで、何か良い方法はないものかと考えていたら、二つの方法があった。

ひとつは「レッドクリフ」のようにワールドワイドで権利を獲得し国内外で利益をあげる方法。

そして、もうひとつは、副社長の千葉が考えた携帯電話での映像配信。

いまや、誰もが持っているデバイスの携帯電話で、自由な時間に好きな場所で、

映像を見るということが技術の進化などによって可能になり、

映像を見ることが今まで以上にパーソナル化されたということなんです。



皆が幸せになるシステムを映像の世界で
 

そんな考えのもとビジネスモデルの策定がスタートした。

テレビと同等のクォリティーで映像を作り、

ひまつぶしに見れるような短時間(約2分から10分)の番組を約20~30番組配信し、

315円という月額会費内で見放題。

そして、重要なのが収益分配システム。

コンテンツの命綱であるキースタッフ及びキーキャストに対して、

出演料としてきちんとした対価を支払った上で、

試聴回数と契約に応じて視聴料のうち何%かを還元する。

映像の世界は今まで固定のギャランティーだったのですが、

付加価値をつける仕組みを作ったんですね。

そして、コンテンツは「お金を払ってまで」視聴する価値があるメジャー感を大切にする。

例えば、ドラマの制作をフジテレビにお願いし、

出演者に飯島直子、市原隼人といったみんなが知っている女優・俳優たちを起用しました。

何よりここならではの企画をつくることが重要だったんです。

僕たちは、映画というジャンルに挑戦して、失敗して、

自分達らしさって何かを考え戦略を見直す。

そして、最後までこだわったのが正当な利益分配。

「BeeTVユーザーは、見れば見るほどエンタテインメントや情報を得ることが出来、

作り手や演者は人気が出る作品を創れば利益が還元される。そして、みんな幸せになる」

今までできなかった成立へのランディングがやっと始まりました。

今はスタートしたばかりだけれど、

きっとすごいビジネスに成長しますよ。


BeeTVへのアクセス方法

ドコモ→iチャネル→BeeTV 
または、
iメニュー→動画→BeeTV


2009-06-24 17:30:30投稿者 : maxmatsuura
この記事のURL nice!  あしあと
14件中   6 - 10 件表示 ( 全 3ページ )
  1  2  3